トレーニング効果を高める運動後のケア

運動することで筋肉には疲労が蓄積しますので、しっかりとケアを行わないとトレーニング効果が弱まってしまいます。こちらでは運動後のケア方法をご紹介しています。

運動後のストレッチは忘れずに行う

運動前にストレッチを行うのは基本ですが、運動後のストレッチも忘れずに行うことが大切です。運動後は筋肉が温まっている状態ですので、運動後は筋肉を伸ばすストレッチを行うようにしましょう。筋肉を伸ばすことで血行が促進されますので、栄養や酸素が取り込みやすく疲労物質や老廃物が効率よく排出できます。ストレッチをすることで筋肉に疲労が溜まりにくくなりますので、翌日に疲れを感じることが少なくなります。

筋肉を冷やす

激しく身体を動かした後は筋肉が温まって、関節の組織や筋繊維がダメージを受けている状態になっています。時間が経過するとダメージを受けている部分を修復しようと身体が反応し、それに伴ってむくみや炎症を引き起こすことがあります。むくみや炎症は異常ではありませんが、筋肉の温度が高いままだと回復までに時間がかかってしまう原因になります。筋肉の温度を下げることで炎症を抑えることができるので、筋肉の修復にかかる時間を短縮することができます。

たんぱく質を取り入れる

筋肉はたんぱく質を主な栄養分としており、傷ついた筋肉を修復するためにはたんぱく質を摂取する必要があります。運動後は新陳代謝や血行が良くなっているので、栄養を吸収しやすい状態になっています。

マンツーマンパーソナルトレーニングでしっかりとしたトレーニングを行いたい方は、大分県の別府市にあるスタジオ インテグレをご利用ください。体調や体格、目標に合わせたトレーニングプログラムを計画いたしますので、パーソナルトレーニングが初めての方にもおすすめです。パーソナルトレーニング以外にも身体のコアを鍛えるピラティス、フィットネスの様々な要素を高めるTRXなどもご用意しています。体験レッスンも格安料金で利用できますので、気になる方はぜひご活用ください。